遺品整理に疲れたとき、どうすれば良い?

遺品整理で疲れてしまうことは多いのではないでしょうか。
どうすればこの疲れ解消できる?そういったお悩みにお答えいたします。

意外と大変な遺品整理

1.家族など身近な人の死は突然訪れることもある

急な病が原因だったりと、ご家族に突然の不幸が訪れる時もあるかもしれません。そういう時に故人の希望を聞いていない場合は、「何を処分して、何を残すべきなのか。」悩む人が多く見られます。また、人の死と急に直面することになり、精神的に大きな負担を抱えてしまうこともかなり多いのです。

この二つが、主に遺族のみなさまを悩ませる問題となっています。

2.家族だけではどうにもできないこともある

女性や高齢者には重たくて持ち運ぶのが大変な物が出てきたり、どう処分したらよいのか分からない遺品も出てくることがあります。自分たちの力では手に負えず、専門的な技術を必要とすると判断したときには、早めに遺品整理業者に依頼をしましょう。

3.特別な事情で死後時間が経過した場合は更に大変

離れて暮らしていた家族が病気などで急死してしまい、発見するのが遅れた場合は特に大変なことがあります。その場合、死後から当分時間が経過しているので、部屋の臭いが取れにくかったりと、除菌作業が必要になってしまいます。

遺品整理中にストレスを感じる方は多い

親族同士の揉め事や、お盆と年末にしか進まない遺品整理…。
当事者がいない遺品というのは悩みのタネになることも多いです。
実際に遺品整理を行われた方で、ストレスを解消した際の体験談もございますのでご覧ください。

遺品整理に疲れたらおかたづけサービスを利用しよう

1.慌てて遺品整理をする事態にならないために前もって遺品整理しよう

ダスキンなどには、生前から部屋の片づけの相談に乗ってもらえる「おかたづけサービス」があります。すべて一人で抱え込まずに、悩んだ時にはプロの力を借りましょう。前もって不安を解決しておくことで、自分の心の準備や、ゆとりを持つこともできるのでお勧めです。

2.もし死後に遺品整理が急に必要になっても、業者に相談できる

急に遺品整理をしなければらならくなった場合にも、専門の業者に相談すればスムーズに片付けをすることが可能になります。

家族だけでは処分するのが大変な遺品も引き取ったり、買い取ってくれますので、粗大ゴミに申し込むより金銭面的にも優しいです。

突然の死、特殊清掃業者に依頼もできる

1.思いがけない家族の死、しかも時間が経過していた場合

素人にはどうしようもできない問題は、「特殊清掃業者」にすべてお任せしましょう。勝手に作業を行ってトラブルを起こしてしまうよりも、早めに電話をかけて相談する方が断然良いです。しかし、突然の出来事に焦っていたとしても、業者選びには注意してくださいね。

2.特殊清掃業者なら消臭、除菌できる。また遺品整理の相談も

私たちでは苦労して清掃しても復元できないような部屋も、特殊清掃業者に任せて元通りにしてもらいましょう。臭いのある部屋でも綺麗に取り除き、隅々まで汚れを落としていただけるので、心配は不要です。

また、清掃後に遺品整理を手伝ってもらえるので、家族の悩みも軽減されますよ。

まとめ

「遺品整理を行う上で疲れたときにどうすれば良いのか」について見てきましたが、いかがだったでしょうか。ダスキンなどのお手伝いサービス、ハウスクリーニングや特殊清掃をうまく活用しながら遺品整理を行うと、故人もご家族も負担を減らすことができます。

これからの生活を少しでもより良いものにしたいと考えている方は、是非とも業者のサービスを利用してみてください。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。