遺品整理起こりやすい3つの問題とその解決策

大切な人を亡くした悲しみのなかでの遺品整理。人生で何度も経験することではないでしょう。そのため、思いがけない問題に巻き込まれやすいものです。
あとになって悔やむことがないよう、今回は、あらかじめ起きやすいトラブルについて考えてみましょう。

遺品整理でよくある3つの問題

1.紛失や盗難

遺品整理では作業量も多く、親族や業者など大勢の人が関わることもあります。それぞれが故人を敬い、清らかな気もちで遺品の整理ができればいいのですが、そうもいかない場合もあります。最も気をつけなければならないのは、ねこばば・盗難です。業者のなかには悪質な会社もありますし、少しでも得をしたいと考える親族もいるかもしれません。

人を疑うのはつらいことですが、あとあと不愉快な思いをしないよう、あらかじめ、ねこばば・盗難の可能性を心に留めて作業を進めていきましょう。遺品整理でねこばばされないようにするために重要なこともご参照ください。

必ず複数の人で故人の遺品を整理する

遺品を整理するとき、親族に面倒をかけてはいけないという理由から、ひとりで取りかかろうとする人もいます。

しかし、遺品整理に参加できなかった親族が、あとから「知らなかった」「聞いていなかった」と言い出し、揉めごとになってしまうこともあります。また、遺品の処分方法を誰かがひとりで決めてしまうと、「あれがない」「あれはどうした」と疑われる原因にもなりかねません。

遺品を整理するときには、あらかじめ親族に作業の日程を伝え、必ず複数の人で確認をしあいながら行うようにしましょう。業者に依頼する場合も、立ち会って確認を怠らないことで、盗難のトラブルを回避できます。この場合も、複数人で立ち会うのが理想的です。

2.必要なもの、高価なものを廃棄してしまう

遺品のなかには、一見したところ価値がないようで、実は高額で売却できるものが含まれていることがあります。この場合、価値が分からないのをいいことに、親族や遺品整理業者が、ねこばばしたり勝手に処分したりということも考えられます。

また、美術品や骨董品、素人には分かりにくいコレクションなど、正しく価値を判断されないままに捨てられてしまうケースも増えています。価値が分かりにくいものは素人判断をせず、専門家に査定を依頼しましょう。専門知識をもった遺品整理業者を選ぶのもいいでしょう。

参照:遺品整理で悪質業者に当たらないための4つのコツ

3.買取金額が適正でない

遺品を査定・買取してもらうときには、金額がわかる明細をもらっておくことが大切です。なにをいくらで買い取ってもらえたか、きちんと分かるようにしておけば、親族間の疑いやトラブルを減らせるでしょう。

まとめ

今回は、遺品整理で起きやすいトラブルについて考えてみました。
遺品を整理するときには複数人で、また素人判断を避けることが大切です。業者に査定や買取を依頼した場合は、すべてを関係者が把握できるように心がけましょう。
悲しみのなかでの遺品整理は気もちが沈み、なかなかはかどらないものです。親族や信頼できる業者と一緒に、故人の思い出を語り合いながら、和やかに進めていけたらいいですね。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。