遺品整理や生前整理がつらい…。業者にお願いするべき?見極めるポイントは?

遺品整理や生前整理をいざやろうと思っても、なかなか進まないときはないでしょうか。
経験談を元に、業者にお願いするかどうかを見極めるポイントを見ていきましょう。

遺品整理で困った体験談

和歌山県 Aさん

亡くなった人がとにかく物が捨てられない性格だったので、部屋中に物があふれかえっていて捨てるのに苦労しました。特に遠方から片付けに行っていたため、交通費のことを考えると限られた時間内に作業を終わらせなければならなく、とても大変でした。それでも一人暮らしのワンルームのアパートだったので4、5人がかりでだいたい1週間程度作業することで片付けられました。

大きな家具や処分するものも多かったので、最初から少しでも業者の方に手伝ってもらえれば良かったと思います。

埼玉県 Bさん

祖母がなくなり、遺品を整理していましたが物の量が多くているものいらないものと分けるのにとても時間がかかってしまった。また、小さい頃にプレゼントしていたものを大切に残していたり、小さい頃に渡した絵が保管されていたり整理しながら懐かしいものやあげたものが出てきて家族同士で懐かしんだり思い出にひたったりしてなかなか整理が進まなかった。

もし、業者の方に頼んでいたら家族のように感情移入することなく作業を進めることが出来るので時間はかからなかったのになと思いました。

遺品整理をしなければならないけれど

1.ご家族が亡くなった時、遺品整理したい気持ちはあるけれど…

遺品整理をしなければならないことは分かっているのに、ご家族にあった不幸で精神的につらくなってしまい、全く作業をやる気が起こらない時があるかもしれません。また、葬式関連で慌ただしく、遺品整理をする時間がないという状況に陥るときもあるかもしれません。そういう時にこそ、業者を上手く活用すれば、身も心も負担を減らすことができるので、ストレスを抱えることも少なく作業を終わらせられるのでお勧めです。

2.生前に遺品整理をしたくても

親族に迷惑をかけないように自分で生前に遺品整理をしておこうと思っても、実感が湧かないので何をしておけばよいのかわからないという人もいるでしょう。そういう人のために、「生前整理専門の業者」もあります。相談にもプロのスタッフが気軽に乗ってくれますので、なんでも積極的に聞いておきましょう。体力もある元気なうちに身の回りの環境をすっきりさせておくことで、老後も安心して過ごすことができますね。

遺品整理は事前に専門業者に相談できる

専門業者に相談すれば、残された家族のことも安心

自分がまだまだ動けるときに相談をしておけば、遺品整理は大変なものではなく、将来のための前向きな計画になります。「生前整理」自体が、亡くなってしまった後の家族の苦労を減らすことが主な目的です。ですので、物の減らし方が分からない人は早めに業者へ相談しておきましょう。大事なものの行き先を決めておくだけでも、ご家族の負担を減らすことができますよ。

亡くなってからの遺品整理も専門業者に相談しよう

思いがけず遺品整理をしなければならなくなった時

急にご家族の方に不幸があったときは、何をしていいかわからずにパニックになってしまう人もいるかもしれません。そのような状態で肉体的にも精神的にも親族の遺品整理をするのがつらい時は、専門業者のサポートを受けることで前向きに取り組むことができます。たとえ知識がゼロでも、1から丁寧に説明して貰えますので大丈夫ですよ。業者の方は整理の仕方も手馴れていますし、大型の重い家具であっても運ぶのを手伝って頂けるので助かります。特に、高齢者の方や女性の方にはおすすめです。

まとめ

少しでも遺品について迷うことがあれば、業者を有効的に利用していきましょう。悩みは一人で解決するのではなく、周囲と協力する方がスムーズに解決の方向へと向かっていくケースが多いです。また、業者を使えば、あなたもご家族も無駄に疲労してしまうことがなくなりますので、遺品整理をするときには積極的にプロの力を借りてみましょう。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。