遺品整理をヤフオクで処分するための4つのコツ

遺品整理をしていると不要なものも多く出てくるものです。
今回はヤフオクを利用して、効率的に遺品整理を行うためのコツをご紹介します。

不要なものが出てきたら出品してみる

遺品整理をしていて、一見価値の分からないものが出てきたら「1円」で出品しよう

明らかに価値があるものとは分からないものが出てきた時も、ヤフオクに「1円スタート」で出品すればおおよその正しい市場価値で処分することも可能です。

ヤフオクは多くの利用者が「価格の安い順」に表示順序を変更するので、初心者の方でも想像より安易に注目されることができ、入札して貰える確率も大幅に高くなっています。

複数の入札者が現れれば、相当の価値まで上昇していきますのでご安心ください。

実は、1円で終わることはほとんどない

「1円スタート」でも「1円」で終了することは、ほとんどありません。また、遺品整理で出てきたけれども価値の判断できなかったアクセサリーや金属類は、自身が考えている以上に高値で売れる時があります。今後、使う機会がないと判断したのであれば、気軽に出品してみましょう。

明らかに売れないと分かる物は出品しない

遺品の中には、自らの判断でも明らかに売れないと分かる物があるかと思います。具体的な例をあげると、「ノーブランドの洋服」等には価値がほとんどありません。

特にヤフオクの商品ジャンルの中でも、有名ブランドの付いていない古着が一番売りにくいと言われています。どうしても出品したいと思う場合には、付加価値である「クリーニング済みの表記」や「大きさのサイズ表記」をきちんと掲載し、「あなた自身も買いたくなる値段設定」にしましょう。

相手の気持ちを理解して価格を決めることが、遺品を販売するコツにつながります。

家電などは積極的に出品しよう

遺品の中でも「ノートパソコン」や「テレビ」などの家電製品は、業者に処分してもらうと逆に損をする事がありますので、ヤフオクで出すのがおすすめです。

今現在の家電製品は、生活必需品として欠かせない存在であるものが多いため、需要が高く人気があります。新品同様の状態であれば、瞬く間に注目が集まり、購入してもらうことができます。

しかし、「壊れているジャンク品」は需要とする層が少ないので注意しましょう。珍しいもの欲しさに購入する人はごく一部しかいないので、結局売れずじまいになるケースがよくあり、遺品の処分にもさらに時間がかかってしまいます。

自分で勝手に売れないと思うのは禁物

ヤフオクで故人の遺品を出す時に、自分では分からないのに勝手に価値がないと思ってはいけません。たとえば、以前に趣味として集められていた「骨董品」などには、もしかするとプレミアがついていたりする可能性もあります。

捨てようと迷っていても、出品することであなたの予想を上回る価値が分かるかもしれません。

また、オークションで落札された方にも幸せを届けられることがありますので、勝手に「これは売れないだろう。」と判断して捨てることはせず、積極的に遺品を出品してみましょう。

まとめ

ヤフオクで遺品整理をする時は、明らかに価値がないことが誰でも分かるもの以外は出品していくのがおすすめです。たった少しの時間をかけるだけで、あなたも利用者も、今までより快適な生活を送れるきっかけ作りになります。遺品整理はヤフオクを使って、効率的に処分していきましょう。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。