遺品整理・生前整理でオススメな、ダスキンおかたづけサービスとは?

遺品整理や生前整理を進めようとしたところ、分量が多くて大変。
そうだ、掃除といえばダスキン。そう思われた方も多いのではないでしょうか。
遺品整理でダスキンは利用できる?そんな疑問にお答えしていきます。

ダスキンのおかたづけサービスで自分で遺品整理をしておこう

1.老後を迎える前にダスキンのサービスで遺品整理が可能

ダスキンでは「すっきりと暮らすライフ整理サービス」というものがあり、老後前の50代くらいになってからでも、余裕を持って遺品整理の相談ができます。また、サービスを行う前には事前訪問もあるため、しっかりと要望を聞き入れてもらうことが可能です。また、見積もり料金は無料で、検討する時間も十分に取れますのでご心配はいりません。

2.希望に合わせてアドバイスをしてくれる

「今使うもの、使わないもの、残しておきたいもの、迷っているもの」などを、スタッフが一緒に分類して整理してくれますので、ライフスタイルに合わせた遺品整理を行えます。ダスキンは分別の仕方だけではなく、収納方法やスペースも考えてアドバイスを貰えるため、お片付けがもともと苦手な人にも助かるサービスです。

3.担当者が定期的にサポートしてくれる

以前に整理していたものがまた散らからないように、同じスタッフが定期的に一緒に確認をしてくれます。

2週間に一回程度、毎回2名のスタッフが必ず伺ってくれますので、悩み事を一人と相談をしている間にも、もう一人は作業を進められたりと、効率化されたサポートを受けることができるのでダスキンはとても便利です。

身内に不幸があった場合もダスキンの遺品整理に相談できる

自分の生前整理だけではなく、身近な人物にご不幸があったときにでも、ダスキンのサービスは相談することができます。思い出に残るものや、誰かに譲りたいと考えているものを、見極めながら分別作業を行いたい方にはお勧めですよ。共にモノへ愛情をもって向き合ってくれますので、安心できるサービスとなっています。

新しく部屋を活用するためにダスキンに相談しよう

1.自分が亡くなった後に部屋を快適に利用してもらうためダスキンに相談しておこう

生前整理をするときには、将来ご家族が自分の部屋を使ってくれることを想定して、相談をすることが重要になります。ダスキンは目的に合わせた計画を立ててくれますので、自分自身でこれからの具体的な目標を明確にしておきましょう。

2.家族などが使っていた部屋を有効に使えるようにダスキンに相談しよう

亡くなったご家族の方が使っていた部屋を、ダスキンのスタッフと相談しながら協力して片付ければ、早い段階で新しく活用することができるかもしれません。一人ですべての遺品整理を行うよりも、アドバイスを受けながら片づけを行う方がスムーズに作業も進んでいくので助かりますね。

~まとめ~

ダスキンは利用してくれるお客様全員の気持ちに寄り添いながら、快適なサービスを行ってくれますので、遺品整理や生前整理を行うにはピッタリの素晴らしい業者です。実践できる整理整頓のコツも教えてもらえますので、片付けに対する理解も深めることができますよ。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。