相続放棄をした時は遺品整理はどうなるか

相続放棄をしたら遺品整理はいったいどうなるのでしょうか?

一般的に、相続放棄と言えば、土地や家などの不動産や金銭にかかわる物と捉えがちですので、遺品整理は別物のような考えを持ってしまうこともあり得るでしょう。また、故人の借金がある場合、それらの返済はどうなるかもとても頭を悩ます点ですね。これから、相続放棄を検討しているという方や相続の種類を知りたい方は、ぜひ一読ください。

相続放棄をした時は遺品整理をできない

1相続放棄をしてしまうと遺品整理に参加できない

遺品整理は、故人の所有物や財産を整理する行為。こんな風に考えがちですが、遺品はすべて相続人が関与するものとなるため、相続放棄したら遺品整理の権利そのものがなくなります。

「資産価値が低いものだと、遺品整理でもらっても問題ないよね?」

「相続放棄は、不動産や現金だけの放棄だから遺品整理は可能!」

何となくこんな風に考えてしまう人もいるものです。そのため、相続と遺品整理の関連性をあまり知らないとトラブルになる可能性も少なくありません。
まず、相続について考えてみましょう。通常、相続と相続放棄の2つの選択肢だと理解されがちですが、実は、相続には2つの種類があります。

  • 故人からの相続を引き継ぐ「単純承認」
  • 財産から借金などを差し引いて引き継ぐ「限定承認」
  • 全ての財産の相続を放棄する「相続放棄」

故人の遺産を相続する単純承認と限定承認に対して、相続放棄は遺産すべてに関して相続を放棄する意味を持っています。したがって、相続に関して関わらない相続放棄をした人は、遺品整理ができません

また、相続放棄の考えを持ちながら、遺品整理を行った場合には先ほどの単純承認とみなされてしまいます。相続放棄を済ませた人だけではなく、相続放棄を予定している人も、遺品整理は行わないことが重要。そもそも、遺品整理が可能なのは、相続人のみだから。この点を改めて理解しておくようにしましょう。

2相続人だったからという理由は通用しない

相続人だったけれど相続放棄をした立場に今はあるという理由で、故人の所有物や財産について遺品整理を相続人の時に予定をしていたから、行っても問題ないのでは?と考えがち。このような場合でも、遺品整理の権利は無いのは変わりありません。過去に相続人だったという理由があっても、遺品整理を行うことを認めるわけではないのです。

遺品には様々なものがあり、相続放棄をしているものの家電や家財道具などのものなら遺品整理に関わっても差し支えないと考える方もいらっしゃいます。過去に相続人であったという理由は、遺品整理には通用しないことを心得ておいてくださいね。

3相続を放棄する事でマイナスの相続から解放される

故人に借金がある場合、マイナスの相続から解放されるのが相続放棄のメリット。ただし、相続放棄の手続きを行うとプラスの相続に関しての権利も失ってしまうので、充分な見極めが必要です。相続の状況によっては、財産から借金などを引いた分だけを相続する「限定承認」という相続方法を選択も視野に入れておくと良いでしょう。

4現金の相続も不可能になる

遺品整理というと、処分や形見分けを行う「物」という先入観の方が強いのではないでしょうか?しかし、現金も全て故人の遺品。相続放棄をしたら、物だけではなく現金についてもすべて相続できなくなります。それだけに、これから財産放棄をする腹積もりをしている人は、慎重に考える必要に迫られることを理解しておきましょう。

まとめ

相続放棄は、マイナスの遺産を相続したくない時のために正当に行使できる権利として有効です。

  • 相続放棄の考えがある人
  • 相続放棄をすでに行った人

ご紹介したように、どちらの場合でも遺品整理だけでなく現金の相続権まで失うことになるのでトータルで何を相続するか考えて慎重に判断することをおすすめします。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。