遺品整理する際にテレビを処分する方法

高齢化社会の進行に伴い、遺品整理の話題が度々のように取り上げられています。故人が残した家電製品の中にテレビがあった場合、その処分に困ることもあるかもしれません。テレビの型式や保存状態にもよりますが、買取業者に買取ってもらうのも良い方法です。一方、古いなどの場合には自治体のルールに従って処分しなければなりません。詳細について見てみましょう。

充実している売却方法!一番のおすすめは

テレビといえば、もはや、一家に一台あるのは当たり前といえるでしょう。その形も徐々に進化してきており、近年ではより薄型タイプのものが出回っています。もし、故人の居宅に高価そうなテレビがある場合には、業者に相談するのも良い方法です。

お金も手に入る、買取がおすすめ

リサイクルショップや買取専門店、フリーマーケットやオークションなどと売却する方法はたくさんあります。ものによっては、想像以上の金額で売却できるかもしれません。リスクとしては、一円にもならないどころか反対に処分費用がかかってしまうことが挙げられます。

無料で処分することも可能!

テレビを無料で処分するのも良い方法です。知り合いや友達などの中に、テレビが欲しいという人がいるなら、声をかけてみるのも良いのではないでしょうか。型式や保存状態などにもよりますが、喜ばれる可能性も大いにあります。また、リサイクル業者に頼めば、無料で引き取ってくれます。

実は中古テレビは人気な家電

ジモティーではもっとも人気のある家電はテレビとなっています。

お金を払っての処分が無難

とにかく早めに処分したいというなら、お金を払ってでも専門の業者に依頼する方が無難です。お金がかかることにはなりますが、その分、確実に処分できます。依頼先には、不用品回収業者や市町村のリサイクルセンターなどがあります。

購入した店舗がわかっているなら、処分を依頼してみるのも良いでしょう。店舗によっても対応は異なりますが、割引価格で対応してくれるかもしれません。また、一部の量販店では下取りしてくれるケースもありますので、処分先の候補として検討可能です。

テレビを処分する時の留意点!これだけは要チェック

テレビを処分する際の留意点としては、地元の自治体の取り決めに従ってルール通りに行うことです。当然ながら、ある程度のお金がかかることにもなりますが、これは仕方のないことと言えるでしょう。自治体ごとに決められたリサイクル料金を支払うことはもとより、信頼できる業者に依頼することが大事です。

悪質な業者の中には、処分費がかからないなどという謳い文句を掲げているところもありますが、相手にしない方が無難です。不法投棄などをしている可能性もあります。また、正規の方法で処分した後のリサイクル券は大切にとっておきましょう。後から問い合わせなどがあった時などの対応もスムーズです。

知っておきたいルール!自治体ごとにも異なる

遺品整理の際にテレビがあった場合には、その状態に合わせての処分方法を見つけましょう。例えば、まだまだ価値の有りそうなテレビであれば、買取業者に相談するのも良い方法です。一方、処分する場合には、自治体のルールに則った方法が求められます。

リサイクル法で定められた金額を支払って処分しなければいけません。その際、使用したリサイクル券などは捨てずに保管しておきましょう。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。