遺品整理でのパソコンの処分方法

遺品整理の時に、パソコンが見つかったらどうしますか?引き取りが出来ない時には、処分も考えなくてはいけません。ですが、パソコンの中には故人のプライバシーに関する事など、個人情報が多く記録されていることが少なくありません。その為、処分する際には気を付ける必要があります。そこで、パソコンの処分方法について紹介します。

パソコンに残るデータを消去するのはなぜ?

故人のパソコンはデータを消さないと、後で様々なリスクを抱える事になります。パソコンの中には、故人の情報が全て入っている可能性があり、氏名や住所はもちろんですが、趣味や仕事に関係する事も入っているでしょう。家族や友人の電話番号や、クレジットカードの番号などが漏洩すると、犯罪被害に遭うこともあります。したがって、パソコンを処分する時には、データを消去する事を忘れないようにしましょう。

デジタル遺品という言葉も主流に

パソコンやスマホの普及から、個人情報などはもちろん、FacebookなどのSNSに残された写真や投稿などのことも総称して「デジタル遺品」と呼ばれることも増えました。デジタル遺品は処分するのが比較的に困難なため、業者に依頼することも。

パソコンのデータを消す方法

パソコンのデータを消去するには様々な方法があります。パソコンに付属しているリカバリディスクや、市販のデータ消去ソフトを使う事でパソコンのデータを消去することできます。世の中にはファイルを復元する方法も存在しているため、ただゴミ箱から削除だけではデータを完全には削除できないため注意が必要です。
とハードディスクを取り出して物理的に破壊するという方法もあります。

パソコンの使い方がわからない場合は業者に頼むのがベター

これまでパソコンに触れた経験が少ないためデータの消去方法が分からないという場合は、データ消去を行っている業者に依頼するのが良いでしょう。「デジタル遺品 処分」などで検索することで出てきます。

パソコンを廃棄する方法について

データを消去するだけでは不安という場合は、パソコンを廃棄処分にした方が安心出来ます。
廃棄の方法には以下のようなものがあります。

  • 量販店への依頼
  • 自治体への回収依頼
  • 不用品回収の依頼

しかしながら、どこに依頼するにしても、データの整理だけは念頭に入れておきたいところです。量販店だからといっても、別の回収業者に依頼していることもあり、必ずしもデータまでは安心、とはいえません。
データを処分してから回収業者に依頼することが鉄則です。

パソコンを売って処分したい

パソコンを廃棄するのではなく、売って処分したいと考えているなら、買取業者に頼むのも良いのではないでしょうか。ですが、買取業者の場合は金額を指定する事は出来ません。より高く売りたい時には、オークションサイトを活用したり、フリマサイトを使ったりする方法もあります。

パソコンを無料で処分する方法

パソコンを、無料で処分を行ってくれる所がいくつかありますが、まずはメーカーに問い合わせてみましょう。
無料で回収してくれるメーカーもあるので、確認する事が大切です。
また、業者の中には無料回収を行っている事もあります。その他にも、故人の友人など信頼できる人に譲るというのも良い方法と言えるでしょう。

パソコンの処分は慎重に

遺品整理でパソコンを処分する時には、出来るだけ早めに行いましょう。そして、パソコンの中のデータを消去する時には慎重にしなくてはいけません。なぜなら、パソコンで仕事をしているという人は、大勢の人と交流を待っている可能性があります。パソコンの中にはあらゆる人の連絡先が登録されているかもしれません。後でトラブルに発展しない為にも、慎重に処分しましょう。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。