遺品整理する時に着物を処分する方法

衣類の中でも、特に処分に困りがちなのが着物ではないでしょうか。現代では着物ユーザーが少なく活用法を見いだしにくい存在です。その場合、ゴミとして捨ててしまうのが最も簡単ですが、他にも様々な選択肢があることを踏まえた上で判断を下しましょう。お店に売ったり人にあげたりなど、できるだけ有意義な処分の仕方を選び出すのがおすすめです。

処分をする場合の選択肢

処分の方向で検討している際には、以下の選択肢から選び出せます。

  • ゴミとして出す (可燃ゴミか資源ゴミかは自治体によって異なる)
  • 清掃業者に処分してもらう
  • 洋服としてリメイクする
  • 友人に譲る

簡単なのはゴミに出してしまうことですが、その際には自治体のルールに則り、適切な方法で処分を行うようにしましょう。遺品整理を業者に頼む場合、清掃作業時に引き取ってもらうこともできます。
着物はリメイク素材としても活用できるため、例えば和装小物などに変身させるのもおすすめです。友人などに譲る方法も一つで、欲しい人がいないか、探してみるのも良さそうです。

売る場合の選択肢

売って現金化をしたい場合、次のような売却方法があります。

  • 着物買取の専門店
  • 質屋
  • リサイクルショップ
  • オークション
  • 友達に売る

おすすめは着物買取店を利用することで、専門性があるだけに適切な価値で引き取ってくれます。質屋あるいはリサイクルショップに持って行く方法もあります。様々な品物を売れるため、遺品整理で出てきた不用品をまとめて処分したい時にも便利です。
ネットオークションへの出品も検討してみましょう。入札が沢山入り、思わぬ価格で落札されるケースもあります。その他にも、着物好きな友達がいるようなら買取をしてもらうのも良いかもしれません。

売却をする際のコツ

売って処分をする時にはコツもあり、まずお店に売る場合、出張買取もしくは郵送買取利用することです。店頭買取ですと沢山の店舗に足を運ぶのが難しいこともあるものですが、出張買取などなら、色々な買取業者から鑑定を受けられますので、より高く売れるところを発見しやすいです。
相場を把握しておくことも欠かせません。価値を知っておくことで査定価格の良し悪しも判断しやすくなります。証紙や帯、和装品なども付けておくことで価値がアップすることも多いため、なるべくセットで売るようにしましょう。

捨てる以外の選択肢を積極的に視野に入れよう

着物は、ゴミに出して処分をする以外にも沢山の選択肢があり、できるだけ有意義に手放すことが推奨されます。人にあげたり売ったりすることで着物本来の役割を全うさせることができ、簡単に捨ててしまうよりも故人も喜ぶのではないでしょうか。売却をする際には、紹介をしてきたコツを押さえておくことで、より高値で気持ち良く手放せるはずです。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。