遺品整理する時の日本刀の処分方法

いざ遺品整理をしようとしたら、日本刀が出てきてどうすればいいか迷ってしまったという方は少なくないでしょう。日本刀をどう処分すればいいのか分からない、そもそも銃刀法違反で捕まらないか心配だと考えてしまう事もあるでしょう。そんな心配を取り去るために、今回は遺品整理で出てきた日本刀の処分方法について紹介していきます。

遺品整理時に日本刀が出てきた際にまず行うべき事は?

  • 銃砲刀剣類登録証がある → 名義変更が必要であれば教育委員会へ届出
  • 銃砲刀剣類登録証がない → 警察へ連絡

最初に行うべきことは、銃砲刀剣類登録証があるかどうかを確認することです。銃砲刀剣類登録証があった場合、もしもそのまま所有を続けるつもりであれば名義を確認し、変更するのであれば教育委員会に対して名義変更の届出をする必要があります。その場合は、各教育委員会のサイトからPDFファイルで所有者変更届をダウンロードしてください。

一方で、銃砲刀剣類登録証がない場合は、最初に警察に連絡をしましょう。刀剣類発見届を出すように生活安全課に連絡をしてから届ければ問題ありません。届け出た後は銃砲刀剣類登録審査会に登録するか廃棄するか選択します。銃砲刀剣類登録審査会はその刀が美術品か審査する会で、通れば美術品として所有や売却が出来るようになります。

登録する場合には、審査費用が掛かる事を忘れないようにしましょう。なお、通らなかった場合は残念ながら武器扱いとなるため、廃棄処分となります。その場合は警察に提出し、没収となります。

日本刀の処分方法はどうすればいい?

  • 警察に廃棄処分が楽
  • 買取の専門店に依頼するのもOK

日本刀の処分方法ですが、どちらにせよ預かる気がないのであれば警察に廃棄処分してもらうのは一番手っ取り早い方法となります。しかし、日本刀の中には芸術品としての価値があるものがあり、まして銃砲刀剣類登録審査会に通ったものであればその価値は確かなものとなります。そのような芸術品を処分するのは大きなデメリットと言えるでしょう。また、警察に何度も出向く羽目になるのもちょっとしたデメリットです。

もしも、自分たちでは扱えず処理に困るというのであれば、買取を受け付けている専門店に売却するのが良いでしょう。専門店に売却した場合、数十万円から数百万円の価値になる事もありますし、何よりきちんと価値が分かり、手入れが出来る人に渡るというメリットがあるからです。

日本刀の審査基準は?

日本刀の審査基準は第一に本物かどうかです。そのためにまずは刀剣の特徴から鍛冶師の名前を特定し、在銘が確認された場合は流派や作風と一致するかなどを調べます。次に、傷があるかないか、錆びなどが出ていないかといった保存状態をチェックし価値を判断されます。そして、それらの価値を判断したうえで与えられる評価が階級です。

刀剣の美術的価値は主に4階級に分かれており、保存、特別保存、重要刀剣、そして特別重要刀剣となっています。特別重要刀剣ともなると国が認定している美術品と価値が並ぶほどの逸品となるので、丁重に扱うようにしましょう。

まとめ:故人の刀剣はしっかりと扱うように!

故人の遺品整理は大変ですし、特にいきなり日本刀などを見つけてしまった場合は焦ってしまうでしょう。そのような場合でもまずは落ち着いて、しかるべき所に出して対応しましょう。同時に、自分では扱えないと考えたなら、それを大事にしてくれる人に譲渡したり素直に廃棄したりすることも必要ですから、慌てずに対応することが肝要です。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。