遺品整理時の衣類の処分方法について

遺品整理により衣類が出てきた時には、簡単にごみに出してしまうのではなく、もっと有意義な活用ができないか、考えてみるのも良いかもしれません。ここではどのような選択肢が持てるのか、いくつかの処分方法を紹介していきます。どれも難しいものではありませんので、初めての人でも簡単に実践できるのではないでしょうか。

誰かに売る方法

個人間取引で売ってみよう

例えばネットオークションのヤフオクや、フリマアプリのメルカリを利用した個人間取引があります。メリットは売って現金化できる点にあり、ブランド物の洋服のほか、有名作家の着物などですと高値で売れることも多いです。自由に出品価格を決められますので、最低でもこの金額以上で売りたいという時にも個人間取引が便利でしょう。

一方で、デメリットもあり必ずしも高値で売れるわけではないことです。例えば、状態があまり良くない物は売れにくい傾向があります。適切な管理がされず、シミ汚れなどがある衣類はリサイクル価値が低く、安値でしか売れない、あるいは安く出品をしても買い手が現れないこともあり得ます。

買取業者に依頼をする

古着屋に持ち込んだり、衣類専門の買取業者に依頼する方法もあります。
最近では、宅配で依頼することも可能なので、自宅にいながら処分することができます。

ただ、個人間取引に比較して、安値での買取になってしまう点がデメリットです。
100点買取依頼をしたのに、1,000円にもならなかったという例も。

欲しい人に譲る

「必要な人がいればタダでも良いのであげたい」、そういった場合は知り合いなどに譲ってしまうのも良いでしょう。状態が良ければ衣類は問題なく使えますので、欲しがる人もいるはずです。もし身近にあげる人がいないようなら、ジモティーというサービスを活用するのもおすすめです。ネットを通じて欲しい人を探し、あげることができます。

他にも、バザー出品という選択肢も挙げられます。処分を手軽に行えつつ、欲しい人も格安で手に入れられる喜びがあります。

リユースに出す方法も

災害や被災をした人たちが、衣類不足で困っていることもあります。そういった方々に向けて衣類を送りリユースをしてもらうのもおすすめです。ただ個人で送るのは難しい場合もあるため、リユース展開をしているお店に預け、そこから有意義に活用してもらうのも良いでしょう。

他にも、ファストファッションで人気のH&Mでは、衣類回収プログラムを行っており、不要になった洋服を引き取ってもらえます。

有意義な処分を検討しよう

紹介をしてきたように、色々な方法で衣類を処分することが可能です。自分では活かしようのない物でも、処分の仕方一つで世の中に役立てることができます。

昨今では洋服店でも回収を行っており、提供をした人はクーポンを貰えることもあります。まだまだ使える衣類を上手に処分するのは地球環境にも良いことですので、捨てる前に別の選択肢がないか考えてみましょう。

遺品を、幸せにしてみませんか。

天送美術館は、業界初の遺品撮影サービス。
遺品をスタジオフォトにすることで新しい供養の形を提供いたします。

学校や公民館などへの遺品の寄付も代行しています。